商標登録の費用と相場はいくら?格安すぎる安いところはどこだ!?

「商標登録の費用ってどれくらいかかるのだろう。

 自分でやるときの費用と弁理士に頼む場合の費用の相場を知りたい。

 なるべく格安でお願いしたい。」

 こうした疑問に答えます。

 結論から言うと、あなたが弁理士に頼まなくて自分でやる場合でも特許庁へ支払う費用がかかりまして、

 費用は以下のとおりです。

 さらにあなたが弁理士に頼む場合の費用の相場は、以下のとおり。

商標登録の費用と相場のグラフ

 ※相場の参考 2003年に弁理士会が特許事務所を経営する弁理士に特許庁への手続きに関する報酬についてのアンケートの調査結果https://www.jpaa.or.jp/old/consultation/commission/pdf/tokkyojimuhousyuuankt_20030530-35.pdf)

 BrandAgentとは、筆者(弁理士)が運営する商標出願代行サービスでして、「BrandAgent」が業界最安値(*ネットによる独自サーチ結果)でおすすめです。

 本内容では、さらに深堀していきまして、あなたが自分でやるときの商標登録の費用と弁理士を頼むときの商標登録の費用の相場を初心者の方でもわかりやすいように解説していきます。

 1.商標登録の費用の相場は¥80,000

 2.商標調査・拒絶理由対応・早期審査の商標登録の費用の相場は?

 3.商標登録の費用の格安相場はどれか?3つのサービスを比較 

 4.商標登録の費用と相場・格安のまとめ

1.商標登録の費用の相場は¥80,000

 商標登録の費用の相場は以下のとおり。

 弁理士に頼む場合は、約¥80,000必要でして、あなたが自分でやる場合は¥40,000は必要です。

 出願手数料は、商標登録の出願時に支払うものであり、登録納付料は、出願した商標が特許庁の審査により認められた場合に支払うものです。

 ここで、区分とは何か気になる方もいると思うので補足します。

 区分とは、商標を使用する指定商品・指定役務(サービス)がどの類に属するかをあらわすものでして、1~45まであります。

 区分の詳細については「商標の区分とは!?意味と簡単に調べられるコツをプロが徹底解説」の記事をご参考ください。

2.商標調査・拒絶理由対応・早期審査の商標登録の費用の相場は?

 出願の準備から登録までに、「商標調査」「意見書の提出」「早期審査」を行う場合、費用が発生します。

 順番に解説します。

2.1.商標調査をした場合の商標登録の費用の相場は約¥10,000

 あなたが、商標登録を確実にするために商標調査を弁理士に依頼すると商標調査費用も発生するので注意してください。

 商標調査費用の相場は¥10,000ほど見積もればOKですが、BrandAgentの場合には商標調査費用は無料ですのでぜひご利用ください。

2.2.意見書を提出した場合の商標登録の費用の相場は約¥50,000

 商標を出願したあと、特許庁より審査がなされます。

 審査によっては認めれられないと判断され、拒絶理由が通知されます。

 この場合、あなたは、商標登録をするためには特許庁へ意見書を提出して対応する必要があります。

 意見書の提出に対する特許庁への費用は0ですが、弁理士に対応を依頼する場合、弁理士手数料がかかることに注意してください。

 費用の相場は、¥30,000~50,000でして、BrandAgentの場合には、あなたがBrandAgentを利用して出願した場合に限り、¥20,000と安くしています。

2.3.早期審査をした場合の商標登録の費用の相場は約¥30,000

 通常、商標登録出願から登録までに1年ほどの期間がかかりますが、早期審査を利用すれば、2か月に期間を短縮できます。

 早期審査を利用する場合の特許庁への手数料は0です。

 詳しくは「商標の早期審査のメリットと早期事情説明の書き方まで徹底解説」の記事をご参考に。

 ただし、弁理士に依頼すると弁理士手数料として相場は¥30,000かかります。

 一方、BrandAgentでは、商標登録出願にBrandAgentを利用したものに限り、¥15,000と安く設定しています。

 2.4.商標登録出願に減免制度はありません

 なお、特許の場合、特定の方を対象に手数料の減免制度がありますが、商標の場合は減免制度はないことを補足しておきます。

3.商標登録の費用を格安に抑えたいなら?

 ここで、筆者(弁理士)が自作したBrandAgentは業界最安値です。(独自のネットサーチによる。)

 ぜひBrandAgentをご利用いただければと思います。

4.商標登録の費用と相場・格安のまとめ

 特許庁へ支払う手数料

1.出願時に払う出願手数料と登録時に払う登録納付料がある

2.出願手数料と登録納付料のいずれも区分によってちがってくる

3.出願から登録までに特許庁へ支払う手数料はこれ以外にほぼない

4.登録納付料は、10年分を一括払うやり方と5年分を二回払うやり方がある

 弁理士へ支払う手数料

BrandAgent¥10,000!(1区分税別)

>>BrandAgentの使い方

 使い方がわからない場合はご相談してください。