商標の区分とは!?意味と簡単に調べられるコツをプロが徹底解説

商標の区分がよくわからん。

うちのサービスはどの区分に属するのか…

簡単に調べることはできないのだろうか。

こうした疑問に答えます。

商標の区分は、商標出願の書類で必要です。

しかし、区分はなんと45種類もあり、あなたの商品名・サービス名がどれに属するかを見つけることは大変です。

そこで、本内容では区分を簡単に解説するとともに、調べ方のコツをわかりやすく解説します。

本記事を書いている人

 ・大手法律事務所などで知財の実務経験を積んできた商標登録(ブランド登録)のプロ(弁理士)

 ・自作で超格安オンライン商標出願代行システム「BrandAgent」を立ち上げる

 もしあなたがまだ商標権をとっていない場合には、BrandAgentが格安で代行しますので早めにとっておきましょう。

 使い方はこちら。

>>商標登録の代行サービスにBrandAgentをおすすめする理由

1.商標区分と指定商品・指定役務を簡単に解説

区分 商品/役務 区分の名称(https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/trademark/ruiji_kijun/ruiji_kijun9.html)
第1類 商品 工業用、科学用又は農業用の化学品
第2類 商品 塗料、着色料及び腐食の防止用の調製品
第3類 商品 洗浄剤及び化粧品
第4類 商品 工業用油、工業用油脂、燃料及び光剤
第5類 商品 薬剤
第6類 商品 卑金属及びその製品
第7類 商品 加工機械、原動機(陸上の乗物用のものを除く。)その他の機械
第8類 商品 手動工具
第9類 商品 科学用、航海用、測量用、写真用、音響用、映像用、計量用、信号用、検査用、救命用、教育用、計算用又は情報処理用の機械器具、光学式の機械器具及び電気の伝導用、電気回路の開閉用、変圧用、蓄電用、電圧調整用又は電気制御用の機械器具
第10類 商品 医療用機械器具及び医療用品
第11類 商品 照明用、加熱用、蒸気発生用、調理用、冷却用、乾燥用、換気用、給水用又は衛生用の装置
第12類 商品 乗物その他移動用の装置
第13類 商品 火器及び火工品
第14類 商品 貴金属、貴金属製品であって他の類に属しないもの、宝飾品及び時計
第15類 商品 楽器
第16類 商品 紙、紙製品及び事務用品
第17類 商品 電気絶縁用、断熱用又は防音用の材料及び材料用のプラスチック
第18類 商品 革及びその模造品、旅行用品並びに馬具
第19類 商品 金属製でない建築材料
第20類 商品 家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの
第21類 商品 家庭用又は台所用の手動式の器具、化粧用具、ガラス製品及び磁器製品
第22類 商品 ロープ製品、帆布製品、詰物用の材料及び織物用の原料繊維
第23類 商品 織物用の糸
第24類 商品 織物及び家庭用の織物製カバー
第25類 商品 被服及び履物
第26類 商品 裁縫用品
第27類 商品 床敷物及び織物製でない壁掛け
第28類 商品 がん具、遊戯用具及び運動用具
第29類 商品 動物性の食品及び加工した野菜その他の食用園芸作物
第30類 商品 加工した植物性の食品(他の類に属するものを除く。)及び調味料
第31類 商品 加工していない陸産物、生きている動植物及び飼料
第32類 商品 アルコールを含有しない飲料及びビール
第33類 商品 ビールを除くアルコール飲料
第34類 商品 たばこ、喫煙用具及びマッチ
第35類 役務 広告、事業の管理又は運営及び事務処理及び小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
第36類 役務 金融、保険及び不動産の取引
第37類 役務 建設、設置工事及び修理
第38類 役務 電気通信
第39類 役務 輸送、こん包及び保管並びに旅行の手配
第40類 役務 物品の加工その他の処理
第41類 役務 教育、訓練、娯楽、スポーツ及び文化活動
第42類 役務 科学技術又は産業に関する調査研究及び設計並びに電子計算機又はソフトウェアの設計及び開発
第43類 役務 飲食物の提供及び宿泊施設の提供
第44類 役務 医療、動物の治療、人又は動物に関する衛生及び美容並びに農業、園芸又は林業に係る役務
第45類 役務 冠婚葬祭に係る役務その他の個人の需要に応じて提供する役務(他の類に属するものを除く。)、警備及び法律事務

商標登録出願をする場合、「区分」と「指定商品」「指定役務」を特定する必要があります(商標法第5条第1項第3号)。

「区分」とは、指定商品・指定役務がどの類に属するかを表すもので、願書には【第1類】というように記載します。

「指定商品」とは、商標登録出願の願書に記載する商品であって、あなたが商標に使用する商品をいいます。

(事例)

ネットショップでコーヒー豆を販売する

➤商品名「コーヒー豆」に該当します。

➤「コーヒー豆」は「植物性食品」に該当

➤区分は第30類

「指定役務」とは、商標登録出願の願書に記載する役務であって、あなたが商標に使用する役務をいいます。

役務とは、サービスと解釈して問題ありません。

(事例)

お店でコーヒーを提供する喫茶店を始める

➤サービス名「コーヒーの提供」に該当

➤コーヒーの提供は「飲食業」に相当

➤区分は第43類

ちなみに商品に商標を使用する場合、™を商標に使い、サービスに商標を使用する場合、℠を商標に使います。

詳しくは「商標マークの違いをプロが解説【知らずに使うと恐ろしいことに!?】」で解説しています。

「指定商品」「指定役務」は上の区分の名称を書くのではなく、具体的にあなたが使用する商品名・役務名を特定します。

 商品名・役務名は、「類似商品・役務審査基準(国際分類第9版対応)https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/guideline/trademark/ruiji_kijun/ruiji_kijun9.html」に沿って書きましょう。

理由は、早期審査の適用対象となりえるからです。(参考:「商標の早期審査の要件と書き方と誤解しやすいポイントまで徹底解説」)

そこで、あなたが実際に使用する商品・役務に該当する区分を選択することをおすすめします。

2.商標区分の調べ方のコツ

方法は2通りあります。

①特許庁からエクセルデータをダウンロードしてCtrl+Fで検索

 ②BrandAgentの検索機能を使う

①特許庁からエクセルデータをダウンロードしてCtrl+Fで検索

まず、①ですが、

商品・サービス国際分類表〔第11-2020版〕アルファベット順一覧表 日本語訳 類似群コード付きを開きます。

下をめくっていくと「商品(エクセル)」「役務(エクセル)」エクセルデータがありますのでこれをダウンロードします。

「指定商品・役務」

ダウンロードしたエクセルデータを開きます。

あとは「Ctrl+F」の検索機能を使って、あなたの商品名・サービス名を入力すれば区分がわかります。

②BrandAgentの検索機能を使う

区分がわからない場合、上のアドレスから調べることもできますが、より手間がかからない方法として、筆者が開発した「BrandAgent」から商品・役務を入力して、区分を見つける方法もあります。

 「BrandAgent」を使った商標出願の申請は簡単です。

ここでは、BrandAgentの登録から先願調査までの流れを解説していきます。

①まずは簡単に新規登録します。

・ユーザーネーム(出願人の氏名・名称でなくても可)

 ・メールアドレス

 ・パスワードを入力します。

  登録したあなたのメールアドレスあてに通知がいきます。

  あなたのメールアドレスに届いたメールを確認し、「登録する」をクリックします。

すると、BrandAgentへログインできます。

 「商標を追加」をクリックします。

 あなたが使用する商品・サービスの区分が不明の場合、「商品(役務)が含まれる区分を調べる」から検索可能です。

上の図のとおり、「検索フォーム」であなたの使用する商品・サービス(役務)を入力します。

すると、該当する区分が表示されます。例えば、「おもちゃ」を入力します。

上のように、区分が表示されます。AND検索・NOT検索が可能です(写真は管理者用ページ。類似群コードは表示されません。)

無料で利用可能ですのでぜひご利用いただければと思います。

有料でもなんと¥10,000(出願手数料+登録手数料。税別。1区分)なので筆者が言うのもあれですがぶっちゃけお得すぎです。

3.区分で注意すべきことは!?

ここで、第1~第45類まで区分がありますが、どれを選べばわからない場合、全部登録すればいいのかなと思うかもしれません。

しかし、指定する区分が増えるごとに、出願手数料・登録納付料が増えてしまいます。(参考:「商標登録の費用と相場はいくら?格安すぎる安いところはどこだ!?」)

出願手数料➤¥3,400+(区分数×8,600)

登録納付料➤¥16,400×区分数×2回 または ¥28,200×区分数×1回

なお、弁理士に頼ると区分が増加することで手数料も増えます。

筆者の場合、「BrandAgent」でも区分が増加すると手数料が増えますが、1区分増えるごとに¥5,000と格安です。

4.商標の区分のまとめ

以上のとおり、商標登録出願に必要な情報は、「商標」「区分」「指定商品(役務)」であり、願書にこれらの情報を入力します。

もしあなたが自分で願書を書く場合は、こちらの記事をご参考ください。

商標登録を自分でやるときに失敗しないための手順と注意点をプロが解説