すぐできるオンライン商標出願サービス


まずは新規登録!

新規登録

登録済みの方はこちらからログイン!

ログイン

商標の早期審査のメリットと早期事情説明の書き方まで徹底解説

「商標の早期審査について要件とか書き方を知りたい。とても便利な制度っていうけどリスクってないのかも知りたい。」

 こうした疑問に答えます。

 本内容では、初心者でもわかりやすいように商標の早期審査を解説しています。

1.商標の早期審査の要件とメリット

2.商標の早期審査の誤解しやすいポイント

3.商標の早期審査の事情説明書の書き方

 特に、「2.」については、たいていの人が商標早期審査について誤解しているポイントがあります。このポイントに触れます。

 なお、本内容は弁理士が、商標の商標早期審査・早期審理ガイドラインに基づいて解説しています。

 本内容を読めば、商標早期審査で失敗するリスクを抑えられるでしょう。 

1.商標の早期審査の要件とは

商標登録の早期審査の要件

 商標の早期審査の要件は上の対象1~3のどれかにあてはまる必要があります。

 対象1~3を商標早期審査・早期審理ガイドラインに沿って要約すると以下のようになります。

①対象1

・使用者が、指定商品・役務の一部が既に使用又は使用の準備をしていること

・使用者が、権利化に緊急性があること

②対象2

・使用者が、指定商品・役務の全てを既に使用又は使用の準備していること

対象2の場合、事例では「宝石の販売」「占いサービスの提供」のいずれにも、商標「占い小僧」を使用したり、使用の準備をしていればOKです。

③対象3

・使用者が、指定商品・役務の一部が既に使用又は使用の準備していること

・使用者が、「類似商品・役務審査基準」等に掲載の指定商品・役務のみを指定していること

「類似商品・役務審査基準等」とは、以下の3つを指します。

「商標法施行規則 別表(第6条関係)」

「類似商品・役務審査基準」

「商品・サービス国際分類表(ニース分類)」

1.1.使用者とは!?

 ここでいう「使用者」とは、出願人以外にも「ライセンシー」も含まれます。(商標早期審査・早期審理ガイドラインより)

1.2.使用の準備とは!?

 ここでいう「使用の準備」とは、商標早期審査・早期審理ガイドラインによれば、「対外的に出願商標の使用に向けて動き始めていて後戻りする可能性が低く、使用することが確実視される場合等、「使用」とほぼ同等と認められる場合(商標早期審査・早期審理ガイドライン」より」を指します。

 具体例としては、「出願商標を使った商品・サービスのカタログ等の印刷を既に発注した」「出願商標を商品・サービスに使用する予定であることが報道された」などが挙げられます。

2.商標の早期審査のメリットは!?

 商標の早期審査を利用すると、早期審査の申し出から平均約2か月で審査結果が通知されます(参考:https://www.jpo.go.jp/faq/yokuaru/trademark/shkouhou_q_a.html#a-31)

 また、早期審査の申し出に料金はかかりません(参考:https://www.jpo.go.jp/faq/yokuaru/trademark/shkouhou_q_a.html#a-06)

 このため、早期審査は早く登録をしたい方にとってとても便利な制度であり、年々依頼件数は増加しています。

商標の早期審査の依頼件数

引用:https://www.jpo.go.jp/system/trademark/shinsa/soki/shkouhou.html

 上のデータは早期審査の利用実績をあらわしています。

 急速に伸び続けていることがわかるでしょう。

 このように見ていくと商標の早期審査をしないほうが損ではないかと思えてきます。

 しかし、ここを注意してほしいのですが、誤解しやすいポイントがあります。

3.商標の早期審査の誤解しやすいポイント

 誤解しやすいポイントは以下のとおりです。

 ①早期審査だからといって審査に通りやすいというものではない

 ②対象1~3を満たしても対象外の商標がある

 ③商標にスーパー早期審査というものはない

 順番に解説します。

3.1.①早期審査だからといって審査に通りやすいというものではない

 早期審査は、審査の順番を繰り上げる制度であって、審査が通りやすくなる制度ではありません。

 この点をご注意ください。

3.2.②対象1~3を満たしても対象外の商標がある

 商標早期審査・早期審理ガイドラインには以下のように、対象外の商標を明確にしています。

 ・新しいタイプの商標(動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、音商標及び位置商標。以下同じ。)及び立体商標の一部

 ・マドリッド協定議定書に基づく国際商標登録出願(日本を指定国とする出願)

3.3.③商標にスーパー早期審査というものはない

 スーパー早期審査があるのは特許です。商標と混在しないことに注意してください。

 では続いて商標の早期審査に必要な書類と書き方について解説します。

4.商標の早期審査に必要な事情説明書の書き方

 商標の早期審査に必要な書類は1つだけです。

 「早期事情説明書」>>特許庁から書式をダウンロードできます。

 「早期事情説明書」は、オンラインでも郵送でも提出できますが、あなたが自分でやる場合には郵送で提出します。

 以下では早期事情説明書の書き方を解説します。

 書き方は特許庁のマニュアルを参考にしています。

商標の早期審査の事情説明書

 様式1は、上の図でいう、対象1のケースです。 対象2と3は「緊急性を要する状況の説明」は省略できます。

 ①提出日

 郵送の場合、ポストへの投函日を記載してください。

 ②出願番号

 (すでに出願済みの場合)

 出願が完了すると出願人に対して特許庁が「商願」から始まる特定の番号を通知します。

 この番号を記載してください。

 (出願と同時に提出する場合)

 「令和〇〇年〇〇月〇〇日提出の商標登録願」と記載してください。

 ③提出者の情報

 識別番号は任意です。識別番号を有している場合には記入してください。

 提出者の住所(法人の場合には居所)・氏名(法人の場合には名称)を記入してください。

 法人で代表者がいる場合には代表者氏名を記入してください。

 ④使用状況説明

 (商標の使用者)

 使用者(出願人またはライセンシー)を記入してください。

 (使用に係る商品名(役務名))

 商標を使用する商品名(役務名)を記載してください。

 (商標の使用時期)

 商標を使用し始めた時期を記載してください。

 平成〇〇年〇〇月から使用中等。

 (商標の使用場所)

 商標を使用している場所(複数の場合には1つ)を記載してください。

 場所は住所・所在地を記入します。

 (商標の使用の事実を示す書類)

 実際に使用している、あるいは使用の準備中であることを示す資料を添付してください。

 例えば、パンフレット・カタログに記載された商標を添付します。

 (手続補正書の提出の有無)

 手続補正書を提出した場合には「平成〇〇年〇〇月〇〇日に手続補正書を提出」のように記入してください。

 提出していない場合は「手続補正書の提出なし」と記入してください。

⑤緊急性を要する状況の説明

 (第3者が無断で使用している場合)

 使用者の使用状況説明を記載してください(④に準拠)

 第3者の使用の状況説明を記載してください。

 (第3者から警告を受けている場合)

 警告を発した者の住所(居所)、氏名(名称)、警告の根拠となる商標登録番号、商標、指定商品(指定役務)を記載してください。また、警告書の写しを提出してください。

 (第3者からライセンスを求められている場合)

 ライセンスを求めている者の住所(居所)、氏名(名称)、ライセンスを求められている指定商品(指定役務)、期間を記載してください。また、ライセンスを求められていることを示す書面(写し)を提出してください。

 (外国出願の場合)

 出願している外国名、出願日、出願番号を記載してください。また、出願の写しを提出してください。

⑥提出物件の目録

 提出する資料名を記載してください。

5.商標の早期審査のまとめ

 以上、商標の早期審査を解説しました。

 正直、早期審査の書き方は面倒であり、どのように書くべきか迷っているかもしれません。

 筆者が運営するBrandAgentは、商標出願1件10,000(税別・1区分。区分が増えると+¥5,000)と格安のサービスを提供しています。

 また、早期審査の代行も¥15,000と破格のお値段です。弁理士によるサポート付きです。

 あなたが、商標をとろうと考えているのなら、本内容を読んだついでに、無料の先願調査だけでもやっておくことをおすすめします。

 BrandAgentはこちらから。